名古屋発!気になる情報

昔から、伊勢は津でもつ津は伊勢でもつ、尾張名古屋は城でもつと言われております。


オリンピック・パラリンピックには世界から多くの人々が訪れることでしょう。その機会に日本固有の風土と文化が感動を与え、同時に平和な日本の心を感じていただくためにこのサイトを立ち上げました。

 日本固有の文化は、日本の地理、歴史、気候風土、生活環境、労働、慣習、宗教、祭礼、教育、娯楽等、人々が営んできた暮らしから育まれたものです。   

 そして、その延長線上にある現代日本の「衣・食・住」についても最新の姿を並行してご紹介できればと考えております。

The Olympic and Paralympic will be visited by many people from the world.

 Given a Japan-specific climate and culture impressed with the opportunity, I launched this site in order for you to feel at the same time peaceful Japanese mind.

 Japan unique culture, geography of Japan, history, climate, living environment, labor, customs, religion, festivals, education, entertainment, etc., is what has been nurtured from the life that people have engaged in.

  And, we believe that if you can introduce in parallel the latest figure also for the "clothing, food and housing" of modern Japan that are on its extension.



雄阿寒岳より阿寒湖


第4回 国立公園満喫プロジェクト有識者会議の開催について

環境省では、政府が昨年3月30日にとりまとめた「明日の日本を支える観光ビジョン」に基づき、日本の国立公園を世界水準の「ナショナルパーク」としてのブランド化を図ることを目標に、「国立公園満喫プロジェクト」を推進しています。

 環境省が同プロジェクトの推進に際し、必要な助言を得ることを目的として、第4回有識者会議を平成29年2月9日(木)に開催することになりましたので、お知らせします。

 なお、会議は公開で行います。


1.第4回 国立公園満喫プロジェクト有識者会議

○開催日時 平成29年2月9日(木) 15時00分より(2時間程度)

○開催場所 東京都千代田区霞が関1-2-2

      第5合同庁舎22階 環境省第一会議室

○議題(案) (1)国立公園満喫プロジェクトの実施について

(2)その他

2.有識者会議メンバー

デービッド・アトキンソン(小西美術工藝社社長)

石井至(有限会社石井兄弟社社長)

江崎貴久(旅館海月女将、有限会社オズ代表取締役)

ロバート キャンベル(東京大学大学院比較文化研究室教授)

野添ちかこ(温泉と宿のライター)

星野佳路(株式会社星野リゾート代表取締役社長)

涌井史郎(東京都市大学環境情報学部教授)【座長】

※五十音順

3.会議の傍聴

傍聴を希望される方は、2月6日(月)17時必着で下記の申込先まで電子メール又はFAXでお申し込みください。

◆傍聴申込

 公益財団法人 日本交通公社  ※本事業請負先

 電子メール national_park@jtb.or.jp / FAX 03-5770-8359

 傍聴に関するお問い合わせ 電話 03-5770−8440(寺田 越野 伊豆 五木田 菅野)

◆記載事項

・第4回国立公園満喫プロジェクト有識者会議傍聴希望と明記してください。(電子メールの場合は件名欄に記載)

・氏名(フリガナ)

・連絡先の住所、電話番号、電子メールアドレスまたはFAX番号、勤務先または所属団体名

◆留意事項

・複数名のお申し込みの場合も、お一人ずつお申し込みください。

・会場の都合上、傍聴希望者が多数の場合は抽選とさせていただきます。

・返信メールまたはFAXを傍聴券といたしますので、傍聴券は当日必ず御持参ください。(電子メールでお申し込みいただいた方は、返信メールを印刷のうえ御持参ください。)

協力

環境省 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館 TEL 03-3581-3351



隠岐潮風ファーム「隠岐牛」

第2回 建設業と農林水産業の連携シンポジウムー業種をこえて地域を元気にー

農林水産省は、建設トップランナー倶楽部との共催で、平成29年2月3日(金曜日)、農林水産省本館7階講堂において、「第2回 建設業と農林水産業の連携シンポジウム-業種をこえて地域を元気に-」を開催します。

シンポジウムは公開です。

日本は温暖で水に恵まれ、豊かな緑があり、良好な漁場に囲まれています。地方を元気にするためには、山・里・海の資源を活かし、建設業と農林水産業が業種をこえて、地域ぐるみで力を合わせることが重要です。地域の建設会社が、農林水産業への参入・連携に本格的に取り組み始めて十余年が経過しました。平成27 年2月には「建設帰農と林建協働の十年の歩み」をテーマに、第1回建設業と農林水産業の連携シンポジウムを開催し、好評を得ました。このたびは2回目として、「業種をこえて地域を元気に」をテーマに、6社の事例を発表します。複業による相乗効果で広がる地方創生の可能性についても議論します。

日時:平成29年2月3日(金曜日)14時00分~16時30分

会場:農林水産省本館7階講堂

所在地:東京都千代田区霞が関1-2-1

プログラム

【14時00分-14 時15分】

主催挨拶農林水産省農林水産事務次官 奥原 正明

来賓挨拶農林中金総合研究所理事長 皆川 芳嗣

趣旨説明建設トップランナー倶楽部代表幹事 米田 雅子

【14時17分-15 時17分】

第A.部事例発表発表 各15分、アドバイザー講評 各5分

1. 荒廃農地を活用した苔シートによる緑化 皆建 皆川 一二 新潟県

2. 高品質アスパラガス栽培と地域おこし 幌村建設 幌村 佑規 北海道

3. 地域連携による循環型農業の実現 愛亀 大森 孝宗 愛媛県

アドバイザー講評

農林水産省農振局農村政策部長 新井 毅

経済産業省大臣官房審議官 星野 岳穂

国土交通省大臣官房建設流通政策審議官 海堀 安喜

【15時20分-16時20分】

第B.部事例発表発表 各15分、アドバイザー講評 各5分

4. うなぎの養殖事業 山本建設 山本 祐司 熊本県

5. ミラクルソルによる有明海再生と間伐材利用の軟弱地盤対策 日本建設技術 原 裕 佐賀県

6. 森林の多機能利用で地域おこし たかやま林建 長瀬 雅彦 岐阜県

アドバイザー講評

林野庁森林整備部長 織田 央

水産庁増殖推進部長 保科 正樹

国土交通省大臣官房技術審議官 五道 仁実

【16 時20分-16時25 分】

建設トップランナーから1 分間メッセージ

島根県 隠岐潮風ファーム銀座に隠岐牛の店「ことひ」を開店

岐阜県 和仁農園ラジコン除草ボート「草取まつお」の開発

新潟県 小野組 LED 利用のいちご栽培の進展

【16時25分-16時30分】

閉会の言葉林野庁長官 今井 敏

4.参加可能人数

200名

5.参加申込要領

(1)申込方法

参加は先着順の事前申込制になります。参加を希望される方は、建設ランナー倶楽部ホームページの申込フォームからお申し込みください。

建設ランナー倶楽部ホームページ:http://www.kentop.org/(外部リンク)

参加登録に関する情報は、本シンポジウムの連絡以外には一切使用しません。

(2)申込締切

平成29年1月31日(火曜日)

参加希望者が定員を超えた場合には、その時点で登録を締め切らせていただきます。

お問い合わせ

お問合せ先

大臣官房政策課

担当者:田中、那須

代表:03‑3502‑8111(内線3087)

ダイヤルイン:03‑3502‑8448

FAX:03‑3508‑4080

建設トップランナー倶楽部 事務局

担当者:中川、大里

TEL:03-5876-8461

FAX:03-5876-8463


企業×NGOで世界の森を守る~インドネシア・スタディーツアー報告会

「フォレストパートナーシップセミナー2017」開催のご案内


国際緑化推進センターでは環境省委託事業として「フォレストパートナーシップセミナー2017」を以下の要領にて開催致します。本セミナーは日本企業のCSR担当者の皆様を対象に昨年12月上旬に実施させて頂いた「国内企業のための海外森林保全活動スタディツアー(インドネシア)」の活動報告をメインに行うものです。

冒頭、早稲田大学森川靖名誉教授によるツアー講評ならびに海外植林、森林保全に関わる課題についてお話し頂く他、ツアーレポート部分ではツアー参加者の方々に本スタディツアーでの学び、自社のCSR戦略等の開示をして頂く予定です。植林・森林保全への関心が高い企業関係者、NGO/NPO、関連研究機関の皆様にとって貴重な情報共有の機会となると存じます。奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。


日時

平成29年1月30日(月)PM6:45~PM8:30(PM6:30開場)

場所

コンベンションルームAP新橋虎ノ門

(〒105-0003東京都港区西新橋1-6-15NS虎ノ門ビル―日本酒造虎ノ門ビル3F Jルーム)

https://www.tc-forum.co.jp/kanto-area/ap-shinbashitoranomon/tr-base/


プログラム

内容 話者

①主催者ご挨拶 環境省自然環境局自然環境計画課課長補佐 中野 彰子様

②ツアー講評並びに海外植林・森林保全事業の勘所 早稲田大学 森川靖名誉教授

③ツアーレポート 豊田通商㈱ 環境推進室室長 五十嵐浩司様

㈱日本開発サービス 調査部主任研究員 坂井茂雄様

㈱サイエンス 熱帯・アジア環境再生プロジェクト室室長 森 尚様

兼松㈱ 鉄鋼・素材・プラント統括室 矢崎 慎介様 (以上予定)

④ディスカッション

参加

無料(但し先着35名とさせて頂きます)

申込方法

コチラからお申込み頂けます。 申込フォームに必要事項を記入して下さい(要事前申し込み)。

問い合せ窓口

国際緑化推進センター(担当:藤村)

電話:03-5689-3450 / E-mail: kenji@jifpro.or.jp




レゴランド、組み立て順調 名古屋開園まで100日余り 

名古屋市港区金城ふ頭で建設が進む、ブロック玩具「レゴ」の世界を紹介する日本で初めてのテーマパーク「レゴランド・ジャパン」。来年四月一日のオープンまであと百十日ほどになり、工事は最終段階に入った。作業は計画通りに進み、園内の建物はほぼ完成。子どもたちの夢が膨らむ“おもちゃの国”では、壁の塗装や乗り物の試運転が始まっている


『LEGOLAND® Japan Christmas Event in Osaka』

関西エリア初披露のイベントを 25 日まで開催中!

家族で一日楽しめる屋外型キッズテーマパーク LEGOLAND® Japan は、クリスマスに合わせて 12 月 3 日(土)から 12 月 25 日(日)までの期間、複合型商業施設「ららぽーと EXPOCITY」1F 光の広場にて

『LEGOLAND® Japan Christmas Event in Osaka』を開催中です。

「LEGOLAND®」は 2 歳から 12 歳までのお子様を持つご家族をターゲットとした世界中で人気のテーマ

パークで、来年 4 月1日に名古屋にオープンする「LEGOLAND® Japan」は日本初上陸、世界 7 カ国 8 カ所

目の展開となります。7 つの異なるエリアで様々な LEGO®の世界が体感でき、40 を超えるアトラクションや

ショーが楽しめる屋外型のキッズテーマパークです。

今回、関西エリアでの認知度アップを目指して、話題の商業施設「ららぽーと EXPOCITY」にて、

クリスマスイベントに合わせてイベントを実施。LEGO®ブロック約 25 万個を使用して造られた長さ

約 450cm 幅約 160cm 高さ約 180cm の「サンタとトナカイのそり」や、「LEGOLAND® Japan」完成

イメージを再現したパークジオラマ(LEGO®ブロック約 4.8 万個使用)を関西エリアにて初公開しました。

「サンタとトナカイのそり」のフォトスポットには、お子様連れのご家族が大勢集まり当パークへの期待の

高さが感じられました。また、イベント初日の 3 日(土)には、「LEGOLAND® Japan」のマスコット

“バディ”君も登場し、多くのお客様に「LEGOLAND® Japan」のクリスマスイベントを楽しみいただきまし

た。

今後、17 日(土)・18 日(日)・23 日(金・祝)・24 日(土)・25 日(日)には、各日 3 回ずつ、

コスチュームショーとクリスマスに合わせたアイテムが作れるワークショップをご用意しておりますので

是非ご家族揃ってご参加ください。

『LEGOLAND®

Japan Christmas Event in Osaka』開催概要

日 時:12 月 3 日(土)~25 日(日)

場 所:ららぽーと EXPOCITY 1F 光の広場(〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園2−1)

内 容:◆LEGO®ブロック約 25 万個を使用して造られたサンタとトナカイのそりのフォトスポット

◆パークジオラマの展示

<ショー&ワークショップ>

日 時:12 月 17 日(土)・18 日(日)・23 日(金・祝)・24 日(土)・25 日(日)の各日 11:30~、13:30~、15:30~の 3 回

場 所:ららぽーと EXPOCITY 1F 光の広場

対 象:12 歳までのお子さま(6 歳未満は大人の方の同伴が必要)

内 容:コスチュームショーとクリスマスに合わせたアイテムが作れるワークショップ

12 月 3 日(土)~1 月 9 日(月・祝)の期間中、年間パスポートの価格に 1,000 円加算すると、人気アトラクション

の 待ち時間を短縮出来る「優先搭乗チケット」3 枚(3,000 円相当)がついてくるお得なキャンペーンを実施して

います。詳細につきましては、オフィシャルホームページをご参照ください。(https://www.LEGOLAND.jp/)

※期間限定特典※

・場所:・『LEGOLAND® Japan』オフィシャルホームページ(https://www.LEGOLAND.jp/)

・セブン-イレブン店内のマルチコピー機

・セブンチケットの WEB サイト(http://7ticket.jp/g/000672)

・価格:<1DAY パスポート>大人 6,900 円、子供(3 歳~12 歳)5,300 円(税込)

<年間パスポート>大人 17,300 円、子供(3 歳~12 歳)13,300 円(税込)




経済産業省と国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は 2020 年に開催する World Robot Summit の開催形式及び競技種目を決定しました。

1.趣旨 2015 年に策定された「ロボット新戦略」に基づき、2020 年に World Robot Summit (ロボット国際大会)を開催します。 本大会は、世界が注目する高度なロボット技術を内外から集結させて、各課題を 解決すると同時に、人々のロボットへの理解を深め、ロボットの活用に関する積極 的な議論を誘発し、具体的な利活用方法が生み出される機会とします。

2.開催地 2020 年本大会は、「愛知県空港島大規模展示場」で開催します。また、特別な施 設が必要なインフラ・災害対応分野の一部の競技については、「福島ロボットテスト フィールド」で実施します。

3.競技種目 競技種目は、3 分野(ものづくり、サービス、インフラ・災害対応)の計 6 種目に、ジ ュニア競技を加え、全 7 種目を実施予定です

4.展示 競技大会に併設する形で、展示会を開催し、ロボット導入の事例を世界に発信す る機会とします。

開催地・開催時期

2018年プレ大会については東京ビッグサイトで、2020年本大会については愛知県空港 島大規模展示場で開催。  特別な施設(プラント、トンネル)が必要なインフラ・災害対応分野の一部の競技につい ては、福島ロボットテストフィールドで実施。

2018年プレ大会 (World Robot Summit 2018)

開催地: 東京ビッグサイト(東ホール) 開催時期: 2018年10/17(水)~ 10/21(日) の5日間 ※Japan Robot Weekと同時開催

2020年本大会 (World Robot Summit 2020)

開催地: 愛知県空港島大規模展示場 開催時期: 2020年10月上旬の1週間程度 ※ロボカップアジアパシフィック大会と同時開催を予定 うち、一部のインフラ・災害対応分野の競技 開催地:福島ロボットテストフィールド 開催時期:2020年8月中旬の3日間程度


展示

 競技大会に併設する形で、展示会も開催し、ロボット導入の事例を世界に発信する機

会とする。実用事例を通じて、世界規模での社会実装を目指す。

①集中展示

・開催場所は、競技と同会場で開催。

・競技種目と関連性のある応用分野の内容を紹介。

②地域展示

地域の現場での先進的なロボット活用事例の紹介

(一定の基準に該当するものについて、大会主催者としてロゴマーク等の使

用を承認)。



「第1回先進的まちづくりシティコンペ」の参加団体の募集を開始します

国土交通省では、国内外に向けて広く情報発信できる先進的なまちづくり事例を選定す

るため、国内の都市の地域・区域を募集し、優良事例を選定し、表彰を行うシティコン

ペを開催します。参加団体の募集は、11月10日より開始します。

1.募集内容について

(1)募集対象

都市課題の解消や次世代型都市の創出に資する「最先端技術を活用した取り組み」や

「新しいまちづくりの手法(資金調達、マネジメント、PPP 等)を活用した取り組み」に

よって、先進的なまちづくりを行っている都市の地域・区域を募集します。

(2)応募資格

先進的まちづくりを行っている地方公共団体又は民間団体等(企業、NPO、協議

会等)であれば応募可能です。法人格の有無や種類は問いませんが、地方公共団体(都

道府県・市区町村)が関与し、又は連携していることが条件となります。なお、地方

公共団体以外の団体等が応募者となる場合には、地方公共団体の推薦が必要となりま

す。

(3)募集締切

平成28年12月20日(火) 必着

2.選考方法について

有識者等で構成する「先進的まちづくりシティコンペ審査会」において、「先進性・

独自性」、「持続性・継続性」等の観点から審査し、優良な事例について「国土交通大臣

賞」として表彰します。

「シティコンペ&シンポジウム」(平成29年3月中旬実施予定)においては、「国土

交通大臣賞」の中から、審査員による専門的な観点から国内外に向けて広く情報発信で

きる取り組みを「審査員特別賞」として決定するとともに、受賞者のブース展示、プレ

ゼンテーションに対する観客の投票を行い、「観客特別賞」を決定します。

※応募に必要な書類等は、国土交通省ホームページの政策情報・分野別一覧「都市」ペ

ージ内のトピックス「先進的まちづくりシティコンペの募集開始について」からダウ

ンロードできます。

【URL】http:// www.mlit.go.jp/toshi/index.html

問い合わせ先:

国土交通省 都市局 都市政策課 都市再構築政策室

直通 03-5253-8422 FAX 03-5253-1586



禅の心とかたち「總持寺の至宝」

この展覧会の見どころ

總持寺は曹洞宗(禅宗)の二大本山のひとつで、永平寺で修行した瑩山紹瑾(けいざんじょうきん 1264~1325)禅師が、鎌倉時代に能登国(石川県)にあった、密教寺院を禅の道場に改めた事に始まります。曹洞宗の禅は、瑩山禅師から總持寺を引き継いだ峨山韶碩(がさんじょうせき 1276~1366)禅師とその門流の積極的な布教活動により、全国に広がって行きました。そのため曹洞宗では、日本に曹洞宗の禅をもたらした道元禅師を高祖(こうそ)、全国に教えを広める礎となった瑩山禅師を太祖(たいそ)と称し両祖を祖師として仰いでいます。總持寺は明治44年(1911)、現在の横浜市鶴見に移転され現在に至っています。

 

この展覧会では、總持寺と関連寺院の寺宝を3章にテーマを分けて紹介し、曹洞宗の禅の心にせまります。あわせて名古屋会場の特別企画として、總持寺ともゆかりの深い郷土の禅僧、風外本高の禅画を紹介します。


禅の心とかたち

禅宗寺院で用いられる様々な法具・什具を取り合わせ、總持寺の禅の空間を象徴的に再現します。また、總持寺の前身である諸岳寺観音堂が白山信仰に基づく観音霊場であったことから、関連する仏像を展示します。


機関 2016年10月15日~11月27日

会場 名古屋市博物館

〒467-0806 名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1

電話 052-853-2655 Fax 052-853-3636



見どころ

圧倒!大法被

總持寺では10月に瑩山・峨山禅師の供養のため御両尊御征忌会(ごりょうそんごしょうきえ)を開きます。この大法被は最終日の10月15日ただ一日のみ掛けられ、法会のクライマックスである總持寺貫首による大問答を荘厳に演出したものです(現在は複製を使用)。縦7.3メートル横6.7メートルの巨大な幕を精緻かつ豪奢な金襴織りと刺繍とで作り上げており、染織品としては最大の国指定重要文化財です。寺外初公開であり、3週間という長期の展示も初めてのことです。



第31回国民文化祭・あいち2016

国民文化祭とは

全国各地で行われている各種の文化活動を全国的規模で発表、公演する機会を提供することにより、国民の文化活動への参加の気運を高め、新しい芸術文化の創造を促すことを目的として、昭和61年度から毎年、各都道府県で開催されている文化の祭典です。

基本方針

国民文化祭では、愛知の多様で個性豊かな文化を見つめ直し、郷土の文化と魅力を再認識することにより、地域の文化を育て、次代に引き継いでいく意識の醸成を図っていきます。また、国民文化祭に集う他地域の文化との交流を通じ、新たな文化の創造、展開を促進し、愛知の文化のさらなる向上発展を図ります。

県内各地に継承されている伝統文化や地域独自の新しい文化事業など、豊潤な愛知の文化をまるごと大いに発信し、県外の人々が愛知に抱く魅力・存在感を高めることによって、愛知に人をひきつけます。

国民文化祭の開催により、地域の文化を見つめ直すことで、地域を愛する人と人とのきずなを深め、一人一人が持つ力の融合を促し、地域の活性化、元気づくりを推進します。

主催者

文化庁、愛知県、第31回国民文化祭愛知県実行委員会、市町村、市町村国民文化祭実行委員会、文化団体 等

開催期間

平成28年10月29日(土)~12月3日(土)(36日間)

開催場所

総合フェスティバル:愛知県芸術文化センター大ホール

分野別フェスティバル:県内各地

協賛事業・応援事業:全国各地

テーマ

「愛故知新」~伝統を「愛(いつく)」しみ、新しきを「知」り、文化は動く~

愛知に伝わる様々な文化を見つめ直し、郷土の文化を、次代に引き継いでいく意識の醸成を図るとともに、他の地域の文化と交流することなどを通じ、新たな文化の創造、展開を促進するという意味を、故事成語の「温故知新」に「愛」「知」を組み合わせることで表現しました。

総合フェスティバル、音楽、演劇、美術、伝統文化・郷土芸能

生活文化・食文化、歴史文化、文化一般がそれぞれ期間中愛知県内で展開されます。

どうぞ皆さんご参加ください。



名古屋まつりは、昭和30年に始まった名古屋の秋を彩る最大の祭です。

まつりのメインとなる豪華絢爛な行列では、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の三英傑が約600人を従えて行進する郷土英傑行列のほか、歴史と伝統に彩られた指定文化財「山車揃」や市文化財「神楽揃」、華やかなフラワーカーなども登場します。

また、名古屋を代表する無形文化財・無形民俗文化財が一堂に会する郷土芸能祭や名古屋市の姉妹友好都市によるシスターシティ・フェスティバルなどの多彩な会場行事、名古屋城・東山動植物園など名古屋市内の観光施設の無料開放も行われます。

街中がまつり一色に染まる秋の名古屋をお楽しみください。

毎年秋に行なわれています。2016年は10月16日(日)、本日までです。



名もなき池『通称 モネの池』

岐阜県関市板取の根道神社境内にあるこの池は、地下水が湧いており非常に透明度が高く、スイレンとともに鯉が泳ぐ様は、フランス印象派の画家クロード・モネが描いた「睡蓮」に似ていることから、「モネの池」と呼ばれ、関市の人気スポットとなっています。今は、大変に混雑していますから、ご覧になられたい方は、平日に行かれることをお勧めいたします。

【アクセス方法】

○車でお越しの方

美濃IC→右折して国道156号線→美濃橋を渡り右折して県道81号線→国道256号線を北進→関市板取白谷

○交通機関でお越しの方

岐阜乗合バス「洞戸栗原行き」

終点の「洞戸栗原車庫」で、板取ふれあいバスに乗り、「白谷あじさい園」で下車後、徒歩約150m

五郎丸ポーズをした仏像 『関善光寺 宝冠大日如来像』

関善光寺にある大日如来像が、ラグビー日本代表、五郎丸歩選手のルーティンポーズと似た印を結んでいると話題になっています。この印を結んでいる仏像は、日本でも関善光寺にしかなく、連日県内外から多くの参拝客が訪れます。

折角「モネの池」に行かれるのでしたら、合わせて「関善光寺」へもどうぞ。

※関には鰻の美味しいお店が沢山あります。是非召し上がって見て下さい。

関市とうなぎのふか〜い関係

関のうなぎの美味しさには歴史があります。

鎌倉時代、刀匠たちが関に移り住み、刀を作り始めたのが刃物のまちとしてのはじまり。ピーク時には300人以上もいた刀匠たちが、そのスタミナ源として、また商売などでお客さんへのもてなしとして、うなぎやうな丼が重宝がられました。その秘伝の焼き方やタレが現在も受け継がれているのかもしれませんね。

鵜が飲み込みにくく、「“ う ” が “ な ” ん “ ぎ ”する」ところからうなぎと名付けられたという説もあり、刃物と鵜飼のまち関市でうなぎが美味しいのは必然だったんですね。

1000年以上前から刀匠、鵜匠も食べていた?

奈良時代の歌人・大伴家持が万葉集で「石麻呂に吾れもの申す夏やせによしといふものぞ鰻とり食せ」とうたっています。あまりにもやせている石麻呂をからかって、「夏場になったら見苦しいくらいもっと痩せるだろうから、ウナギでも食って精をつけて夏負けを防げよ」と言っているように、この時代に、すでにウナギは滋養強壮剤としての栄養食品という認識で食べられていたんですね。

とすると、鎌倉時代から住んでいる関市の刀匠たちが精をつけるために好んで食べていたというのもうなずけますし、鵜が難儀(なんぎ)して獲ったうなぎを同じ奈良時代から続く小瀬鵜飼の鵜匠さんたちも代々食べていたのかもしれないですね。

うなぎのさばき方

関東地方ではうなぎは「背割り」、関西地方では「腹割り」。大阪の商人が「腹を割って話をする」ことから商談でもてなすうなぎを「腹割り」でさばくようになったともいわれていますが、日本一の刃物のまち関市にも昔から商人が多く、関市のうなぎ屋さんのほとんどが代々「腹割り」なのも納得できる気がしますね。ちなみに包丁は名古屋型と呼ばれる、先が尖っていない細い長方形のタイプが使われているようです。

詳細など問い合わせはこちら
〒501-3894岐阜県関市若草通3-1
関市観光協会
TEL 0575-22-3131 FAX0575-23-7741



日本最大級の異業種交流展示会 メッセナゴヤ2016開催のご案内

ビジネスに直結する4日間!

ナゴヤから世界へ、メッセナゴヤはビジネスチャンスを大きく広げます。

開催概要

メッセナゴヤは、愛知万博の理念(環境、科学技術、国際交流)を

継承する事業として2006年にスタートしました。

業種・業態の枠を越え、各出展者の持ちよる製品やサービスを当地名古屋から国内外に広く情報発信し、販路拡大や人脈形成を図る「国際総合展示会」であり、活発なビジネス交流を展開していただく「異業種交流の祭典」です。

全国・世界から、過去最多1,409企業・団体が集結!

メッセナゴヤ2016には、過去最多となる1,409企業・団体が出展。トヨタグループをはじめ、名古屋地域のモノづくり企業も多数出展します。新規開拓、新たなビジネスパートナー、コストダウンのヒント・・、全国・世界から、「明日を拓く」ソリューションが一堂に集結します。

名称 メッセナゴヤ2016

テーマ 新たな価値を生み出す未来交流

会期 2016年10月26日(水)〜10月29日(土)

会場 ポートメッセなごや(名古屋港金城ふ頭) 会場へのアクセス

開場時間 午前10時〜午後5時

但し、28日(金)は午後6時まで、29日(土)は午後4時まで

入場料 無料

主催 メッセナゴヤ実行委員会(構成団体:愛知県、名古屋市、名古屋商工会議所)

後援

東海総合通信局

東海農政局

中部経済産業局

中部地方整備局

中部運輸局

中部地方環境事務所

名古屋港管理組合

(独)日本貿易振興機構(ジェトロ)名古屋貿易情報センター

(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)関西支部

(一財)省エネルギーセンター東海支部

(独)中小企業基盤整備機構中部本部

(一財)地球産業文化研究所

(公財)あいち産業振興機構

(一社)中部経済連合会

愛知県経営者協会

中部経済同友会

(一財)中部生産性本部

(一社)中部産業連盟

環境パートナーシップ・CLUB(EPOC)

(独)国際協力機構中部国際センター(JICA中部)

(順不同)

特別協力

グレーター・ナゴヤ・イニシアティブ協議会

愛知・名古屋国際ビジネス・アクセス・センター

(一社)東海日中貿易センター

協力

中部経済新聞社

中日新聞社

出展規模 1,200社・団体 1,600小間

入場予定者数 65,000人

関連事業 アライアンス・パートナー発掘市(事前調整型商談会) 催事 特別講演会、国際シンポジウム、イベント・セミナー

※当日、JIM認定アロマ空間セラピストによる出展の企業・団体さまの快適な空間づくりのお手伝いを予定いたしております。

  

田原祭り

からくり人形」を乗せた山車で広く知られている「田原祭り」。 市内を練り歩く萱町、新町、本町の「からくり人形」を乗せた豪華な「山車」は、市の有形民俗文化財にも指定されています。 子供が手おどりを舞う夜山車や打ち上げ・手筒・仕掛け花火なども披露されます。


田原祭りの歴史

はじまりは江戸時代

田原祭りは、城下町・田原を代表する祭。もともとは八幡社・神明社・巴江神社の氏子

の祭りで、八幡社は新町、神明社は本町・萱町・衣笠、巴江神社は巴江がそれぞれお祀り

しています。昼間はからくり人形を乗せた3台の山車(だし)や各町の神輿が街中を練り歩き、

夜は着飾った子どもたちや青年が夜山車(よやま)の上で手踊りを披露します。祭りのフィナ

ーレを迎える最終日の夕方になると、はなのき広場で手筒・大筒花火が勇壮にあげられ、

午後 8 時からはクライマックスを飾る打ち上げ花火が夜空を焦がします。

田原祭りのルーツをたどれば、江戸時代。熊野神社の祭礼として始まったと伝えられて

います。明治時代以降、名古屋型山車が田原に登場し、いつしか精巧なからくり人形が人々

を魅了するようになりました。現在では、八幡社・神明社・巴江神社の祭をあわせて、田

原祭りと呼ぶようになりました。

観衆を魅了するからくり人形

祭りの主役となる豪華な屋台仕立ての昼山車(ひるやま)は、新町・本町・萱町が 1 台ずつ

保有しています。田原の山車は、宝暦 7 年(1757)8 月に当時の本町上り町・横町・中町が申

し合わせ、合同で田原藩の浅黄無紋(あさぎむもん)の横幕・天幕を借用し、車を仕立てたこ

とが始まりといわれています。また、山車からくりは二層唐破風屋形四輪の名古屋型と呼

ばれるもの。中世に熱田と津島の天王祭りに出された「大山」がそのルーツだといわれて

います。その昔、神々の依代とされた山車からくり。踊りながら変わり身する人形の様子

に、人々は神々の降臨する姿をかいま見たのではないでしょうか。

明治 29 年(1896)に新調された本町の山車は、名古屋の一流職人を総動員して造り上げた

もので、山車造りの名人と言われたお祭り棟九郎(森籐九郎)が山車を造り、からくり人形は

六代目・玉屋庄兵衛の作。祭の際には昼間市内を曳行され、上段に飾られた三体のからく

り人形が絶妙な動きで観客を魅了。下段では若衆が横笛、鼓、太鼓などでお囃子を奏でま

す。

山車の先頭に立ち厄を払う総代人形、囃子にあわせて鮎を釣り上げる神功皇后人形、動

きが巧妙で鮮やかなしぐさの唐子人形。これらのからくり人形は、昭和 63 年(1988)3 台の

山車とともに、田原市の有形民俗文化財の指定を受けています。普段はそのうち 2 台が、

田原まつり会館に展示されていて、いつでも見学することができます。

期間:2016.09.17~2016.09.18

所在地 田原市街地周辺

問い合わせ先 渥美半島観光ビューロー

TEL:0531-23-3516

田原まつり会館(当日問合せ先)

TEL:0531-22-7337




2020 年東京オリンピック・パラリンピックに向けて再生エネルギーの活用や持続可能な社会に向けての様々な動きが官民一体となり活発化してきましたので、その取り組みの幾つかをご紹介いたします。

2020 年東京オリンピック・パラリンピックのメダルに

回収金属を活用することについての提案

~都市鉱山で甦る黄金の国ジパング~ 

オリンピックの精神には、従来のテーマである「スポーツ」と「文化」に、近

年、「環境」が加わり、オリンピックは世界中の人々が地球環境について考える

機会にもなりました。

2020 年の東京オリンピック・パラリンピックを契機とし、世界中の人々が従来

の大量生産・大量消費・大量廃棄型社会から、再生エネルギーの活用や資源が循

環する地球環境に優しい持続可能な社会を構築する必要性を理解するとともに、

我が国がより一層率先して、世界共通の課題である地球温暖化防止などの環境問

題の解決に大きな役割を果たす必要があります。

その一環として、限られた資源を有効に活用するため、廃棄物から資源への循

環が必要となります。例えば、国内で使用・廃棄されるパソコンや携帯電話等に

は、金、銀、銅などの有用金属が多く含まれており、これらは「都市鉱山」と呼

ばれ、新たな資源として注目を集めています。日本の都市鉱山の規模は世界有数

の資源国の埋蔵量に匹敵するとの試算もあり、埋もれる資源の活用は、まさにか

つて憧れの地であった黄金の国ジパングの現代への甦りです。

枯渇しつつある鉱物資源の負荷を軽減し、採掘に伴う様々な環境問題を防ぐた

めにも、都市鉱山からの有用金属のリサイクルを推進していくことが重要となっ

てきます。

このようなことから、都市鉱山に埋もれている有用金属の活用を図り、環境に

配慮した大会であることを世界に発信し、地球環境に優しい社会をつくるため、

オリンピック・パラリンピックの栄誉であるメダルに回収金属を活用することに

ついて提案します。

平成 27 年7月 23 日

提案者

青森県八戸市長 小 林 眞

秋田県大館市長 福 原 淳 嗣

岩手県一関市長 勝 部 修


提案内容

2020 年東京オリンピック・パラリンピックのメダルに回収金属

を活用すること。

提案理由

1 環境に配慮した大会であることを世界に発信することができます。

オリンピック・パラリンピックは世界中の人々が注目します。大会の栄誉で

あるメダルに回収金属を活用することで、環境に配慮した大会であることを世

界に発信することができます。

2 リサイクルの重要性を周知することができます。

環境問題は一人ひとりの行動の積み重ねが何よりも重要です。この取り組み

により、リサイクルに対する多くの人の関心が高まり、ひいては地球環境につ

いて深く考えていただく絶好の機会となります。

また、都市鉱山に対する認識が高まり、小型家電等のリサイクルの輪が広が

ることが期待されます。

3 日本のリサイクル技術を世界に示すことができます。

日本には、環境負荷の少ないリサイクル技術や効率的なリサイクルシステム

など優れた環境技術があります。このような優れた環境技術を世界に発信し、

積極的に活用することは、地球規模での環境負荷の低減、持続可能な社会づく

りに貢献することにつながります。

また、我が国の技術が世界に発信されることで、環境関連産業の成長にもつ

ながることが期待されます。


廃家電 からオリンピック・パラリンピックメダル

使わなくなった廃家電 からオリンピック・パラリンピックメダルを作ろうという提案が愛知県大府市の中古品買い取りの大手リネットジャパングループが自冶体と連携して、スマホ、携帯電話、パソコンなどの回収を積極的に勧めている。東京オリンピックまで4年を切った今日、こういった同じような取り組みが今後益々日本の各都市で行なわれ、これが契機となりサスティナブル(持続可能な)社会への移行がスムーズに行なわれていくことを期待したい。

サスティナブルとは

「持続可能な」という意味。将来の環境や次世代の利益を損なわない範囲内で社会発展を進めようとする理念。環境問題は1960年代から世界各地で明らかになってきていたが、1987年に国連の「環境と開発に関する世界委員会」による「われら共有の未来」と題する報告書において「持続可能な開発(Sustainable Development)」という概念が提唱された。近年建築においても、環境共生、自然エネルギー利用、長寿命化、リノベーションなど、さまざまな手法を通して持続の可能性が模索されている。

※参考 INAX



「愛知県 あいちシェイクアウト訓練の参加登録を受け付けています」

シェイクアウトとは

 シェイクアウトは、「しせいをひくく」「あたまをまもり」「じっとする」という3つの動きを身につけ、地震の揺れから自分の命を守るための行動です。

「シェイクアウト(ShakeOut)」という言葉は、「地震の揺れに備えろ!」という意味で、地震が起きた時のかけ声をイメージして、アメリカの地震研究チームが防災訓練のために考えた造語です。

詳しくは「日本シェイクアウト提唱会議」のホームページをご覧ください。

地震の揺れから身を守る3つの動き

 地震が起きた時、まずはあなた自身が、自分の命を守らなければいけません。

シェイクアウトの基本は、「地震の揺れから身を守る安全行動1-2-3(まず低く、頭を守り、動かない)」(原文は「DROP!COVER!HOLD ON!」)という3つの動き。

愛知県では、この3つの動きを、より分かりやすくするために、「しせいをひくく」「あたまをまもり」「じっとする」という言葉に置き換えて啓発しています。

様々な状況を考える

 地震はいつ、どんな状況で起こるか分かりません。家で、学校で、職場で、お店で、駅で、あるいは、車や電車に乗っている時に起こるかもしれません。

いくらシェイクアウトの動きを身につけても、落ちてくるものや倒れてくるものなどが周りにある状態では、身の安全は十分とは言えません。

地震が起きた時に安全が確保できるか、一度周りを見回してみましょう。「危ない」と思われるところがあれば、家具や棚を固定するなどの対策をしておきましょう。

あいちシェイクアウト訓練とは

 愛知県では、過去に慶長地震(1605年、M7.9)、宝永地震(1707年、M8.4)、安政東海地震(1854年、M8.4)、昭和東南海地震(1944年、M7.9)など、大規模な地震が100年から150年前後の周期で起こっており、今後も、「東海」「東南海」「南海」という広い地域で地震が連動しておこる「南海トラフ地震」など、大規模な地震の発生が危惧されています。

「あいちシェイクアウト訓練」は、地震が起こったときに、県民の皆様が、それぞれの場に応じて自分の身の安全を確保することができるよう、2013年から、愛知県と愛知工業大学、関係機関が協力し、「あいちシェイクアウト訓練実行委員会」を立ち上げ、実施しています。

愛知県では、9月1日の正午の時報に合わせて、あなたが任意に決めた場所で訓練を行うことを呼びかけています。家、学校や職場、お店など、あなたが普段生活している場所で、ぜひご参加ください。(9月1日にご都合がつかない場合や、地域や職場の防災訓練に合わせて別の日程で行う場合も、参加登録を受け付けています。)

シェイクアウト+1(プラスワン)

 シェイクアウトは、あくまで、「地震の揺れ」から身を守る行動です。

その後の津波や火事、土砂災害などから逃れるためには、いち早くその場から逃げる必要があります。

シェイクアウト訓練を実施される際は、合わせて避難訓練も実施し、シェイクアウトのその後の動きもスムーズ行えるよう備えましょう。

主唱・主催

主唱:愛知県防災会議 主催:愛知県

お問い合わせ 愛知県

〒460-8501 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号 代表電話: 052-961-2111



平成28年度「名古屋城検定」の受験申込受付中!

名古屋城本丸御殿に対する市民の理解を深め、その魅力を広く発信するため、平成20年より開催している「名古屋城検定」の今年度の受験申込受付を受付中です。 本年の試験日は11月12日(土)です。

趣旨

名古屋城に関するご当地検定を実施することにより名古屋城・本丸御殿に対する市民理解を深め、本丸御殿復元プロジェクトの盛り上げを図るもの。

本年度のトピックス

名古屋おもてなし武将隊 前田慶次公、陣笠隊 章右衛門を「名古屋城検定 戦伝大使」に任命し、名古屋城検定を盛り上げます。

上級合格者には、「名古屋城定期観覧券」、「徳川園定期入園券」、「徳川美術館入場券」をプレゼントします。

実施概要

日時 平成28年11月12日(土)

初級(第10回)、上級(第7回)午前10時30分~

中級(第8回)午後 2時30分~

会場 名古屋市公会堂(昭和区鶴舞一丁目1-3)

受験料 初級2,000円、中級・上級3,000円

受付方法 別添チラシをご覧ください

申込受付 平成28年5月10日(火)~10月14日(金)

問合せ先 名古屋城検定実行委員会事務局 TEL 961-7580

協賛・協力 特別協賛:トヨタファイナンス株式会社

協賛:イオンリテール㈱、㈱伊藤園、㈱キスラ、中北薬品㈱、㈱坂角総本舖(五十音順)

協力:徳川美術館

参考 受験者数(累計):3,531名

お問い合わせ

名古屋市観光文化交流局名古屋城総合事務所(なごやしかんこうぶんかこうりゅうきょくなごやじょうそうごうじむしょ)

電話番号:052-231-1700ファックス番号:052-201-3646

電子メールアドレス:nagoyajo@kankobunkakoryu.city.nagoya.lg.jp




花フェスタ記念公園って?

花フェスタ記念公園は平成7年に開催された花の博覧会「花フェスタ’95ぎふ」の会場を岐阜県が再整備し、平成8年4月にオープンした県営の都市公園です。

ナゴヤドーム約17個分(80.7ha)の広大な敷地では、約7,000品種30,000株のバラが植栽されたバラ園のほか、企画展示を行う「花のミュージアム」、一年を通じて季節の花木が楽しめる大温室「花の地球館」、高さ地上45メートルの「花のタワー」、屋外イベントホール「プリンセスホール雅」など特徴のある施設でお楽しみいただけます。

当公園最大の魅力は二つの広いバラ園「世界のバラ園」と「バラのテーマガーデン」です。世界有数の品種数7,000品種のほとんどがこの2つのエリアに植栽されています。春から秋にかけてくり返し咲く「四季咲き」品種のほか、原種やオールドローズのコレクションも充実しています。

バラは春から霜が降りる前まで咲きますが、特に見ごろとなるのは春と秋です。5月下旬~6月上旬には一年で最も多くのバラが咲き、華やかな色でバラの世界を彩ります。また、気温がゆっくり低下していく10月下旬~11月上旬には、一年で最も美しくかつ香り豊かなバラをご堪能いただけます。

バラの香りに包まれた美しいバラ園で優雅なひと時を過ごしませんか。

公園のデータ

●名称 花フェスタ記念公園

●所在地 岐阜県可児市瀬田1584-1

●開園年月日 平成8年4月26日

●敷地面積 80.7ha

●バラ植栽面積 9.2ha

●バラの品種数 約7,000品種

●バラの株数 約30,000株


イベント情報

アンファッションカレッジ ファッションショー

*Flower Fashionshow (場所/プリンセスホール雅)

日 程: 9月17日(土)

時 間: 13:00~

この度、陶芸家 加藤幸兵衛先生と、イラン陶芸家 アジュダリ氏、アクバリ氏によるラスター彩陶壁が、岐阜県に寄贈、当公園に設置されることとなりました。このラスター彩陶壁の除幕式に先がけ、イランの国花であるバラをテーマにした作品を中心に、華やかな衣装が舞台を彩ります。

*ラスター彩陶壁 除幕式  時間/14:00~  会場/アラビアンナイトのバラの庭

主催/東海イラン友好協会


*プリザーブドフラワー体験教室 (場所/花のミュージアム2Fスペース)

日 程: 9月18日(日) ※毎月第三日曜開催  ※10月は都合によりお休み致します。

時 間: 10:00~16:00 ※最終受付15:00

料 金: 2,000円~ ※選択する材料で異なります。

手作りプリザーブドフラワーを使って、初めての方でも簡単にアレンジ体験ができます。予約不要ですので、お気軽にご参加ください。

カニ×カモ地域活性化イベント


*秋の無料感謝DAY (場所/音楽広場及びプリンセスホール雅周辺)

日 程: 9月24日(土)&25日(日) ※2日間入園無料

時 間: 10:00~16:00

この2日間は入園無料!

旨いもの広場には、地元の特産品や特産品や人気店の食べ物食べ物・スイーツが大集合。プリンセスホール雅付近には、ちびっ子が楽しめる体験コーナーも登場。美味しいものを食べて!いろんな体験をして!家族みんなでは秋を満喫しよう♪

協力/可児市・可児市商工会議所・可児市観光協会


*秋の山野草展 (場所/花トピア)

日 程: 9月24日(土)~10月2日(日)

*期間中の土日のみ体験教室あり



特別史跡キトラ古墳壁画の公開(第1回)二次応募

特別史跡キトラ古墳は7世紀末から8世紀初め頃に造られた古墳で、石室の北壁に玄武、東壁に青龍、南壁に朱雀、西壁に白虎の四神が描かれています。四神の下には獣頭人身の十二支、天井には東アジア最古の現存例である天文図が描かれるなど、歴史的にも学術的にも極めて価値の高いものです。

 平成12年には特別史跡に指定されましたが、石室内の壁画は平成22年までに全て取り外され、仮設修理施設において、保存修理を実施してまいりました。

 このたび、国営飛鳥歴史公園にキトラ古墳体験館四神の館が開館し、その中に設けられたキトラ古墳壁画保存管理施設にて、天井(天文図)、南壁(朱雀他)、西壁(白虎他)を皆様に御覧いただくこととなりました。この機会を逃すことなく奮って御応募ください。

応募機関

平成28年9月12日[月]10時~ 10月22日[土]17時

公開場所

キトラ古墳壁画体験館四神の館内 キトラ古墳壁画保存管理施設 【国営飛鳥歴史公園内】 (奈良県高市郡明日香村阿部山67)

公開期間平成28年9月24日[土]9時30分~ 10月23日[日]17時

見学料 無料

主催

文化庁、独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所

お問い合わせ

文化庁、独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所 TEL 06-8281-3060

  


せともの祭とは?

せともの祭は、江戸時代に磁器の製法を九州で学び、瀬戸に伝えた磁祖加藤民吉翁の道徳をたたえる産業祭として 昭和7年に開催されました。今年で85回目を迎え、お祭り2日間は、数多くの行事が開催されます。 なかでも「せともの大廉売市」は全国津々浦々から数十万人の人出でにぎわい、今日では全国最大の規模といわれています。

せともの大廉売市市街地

9月10日(土) 午前9時〜午後8時

9月11日(日) 午前9時〜午後7時

場所

瀬戸川の両岸、窯神通

瀬戸蔵屋外広場

パルティせと駅前広場

日頃のせとものに対するご愛顧に感謝し、日常食器から雑貨商品まで、お値打ち価格で販売します。

せともの人形展示「真田信繁ときり」

場所:パルティせと1F

主催/瀬戸陶磁器卸商業協同組合

TEL: 0561・83・6688

作家モノヒロバ(若手作家コーナー)

9月10日(土) 午前9時〜午後8時

9月11日(日) 午前9時〜午後7時

場所

名鉄協商駐車場(岡島電器横)

瀬戸焼の若手作家グループが一堂に出店します。

物産展示・販売コーナー

9月10日(土)

午前10時〜午後8時

9月11日(日)

午前10時〜午後7時

場所

尾張瀬戸駅西 名鉄協商駐車場

漆器・刃物・木工品・海産物 など

主催/瀬戸陶磁器卸商業協同組合

TEL: 0561・83・6688 

ミスせともの・瀬戸スカウト協議会鼓笛隊パレード市街地

9月10日(土) 午後3時~4時

コース

(往路)陶生町→末広町→瀬戸蔵→パルティせと

(復路)パルティせと→瀬戸蔵

花火打ち上げ 権現山

9月10日(土) 午後7時10分〜7時50分

会場 権現山

花火打ち上げ

雨天の場合は、9月11日(日)午後6時30分〜7時

■主催

大せともの祭協賛会

瀬戸市・瀬戸商工会議所・愛知県陶磁器工業協同組合・瀬戸陶磁器卸商業協同組合・ 瀬戸陶磁器工業協同組合・愛知県珪砂鉱業協同組合・瀬戸市自治連合会・瀬戸市商店街連合会・ 窯神神社崇敬会およびその他各種団体

■共催

瀬戸市まるっとミュージアム・観光協会

■協賛

愛知県公衆浴場業生活衛生同業組合瀬戸支部・愛知県麺類食堂生活衛生同業組合瀬戸支部・愛知県理容生活衛生同業組合瀬戸支部・赤津焼工業協同組合・瀬戸旭菓子工業協同組合・瀬戸北ロータリークラブ・瀬戸金融協会・瀬戸総合卸売市場・瀬戸ライオンズクラブ・瀬戸ロータリークラブ・東海税理士会尾張瀬戸支部

■後援

愛知県、名古屋鉄道、愛知環状鉄道、グリーンシティケーブルテレビ

●問い合わせ先 瀬戸商工会議所内・大せともの祭協賛会  TEL0561−82−3123  web@setocci.or.jp



「尾張名古屋は城でもつ」とうたわれた2016年10月~の名古屋城イベント

名古屋城秋の陣 10月8日(土)~11月23日(水・祝) 名古屋城の秋のおまつりです。

期間中は各種イベントを開催します。

第69回名古屋城菊花大会、菊人形の展示 10月23日(日)~

11月23日(水・祝) 西の丸エリアで菊の展示を行います。当地方では最大級です。

菊で装飾された菊人形も正門・東門に展示されます。

名城市民茶会 11月6日(日)

11月13日(日) 1席 800円。

午前10時~午後3時まで(呈茶券販売は、午後2時30分まで)。

場所:名古屋城茶席

主催:名古屋城振興協会

新春名古屋城初開門 2017.1.2 開門式については調整中です。

初開門は1月2日午前9:00です。

名古屋城つばき展 3月上旬 切花、鉢花・盆栽のほか、テーマ展示を設けて、約500点を展示します。

2017年 名古屋城春の陣 3月下旬~5月上旬予定 桜の名所、名古屋城の春のおまつりです。

期間中は各種イベントを開催します。


名古屋城豆知識 

「石垣の刻文」

名古屋城の石垣には、丸に三角や扇子、軍配などユーモラスなしるしがみられます。

これを『刻文』といい、築城工事を分担した大名と家臣のしるしです。苦労して運んだ石を他の大名家のものと間違え、無用なトラブルが起きることのないようにつけたものです。

協力

名古屋市役所



「愛知県ユネスコスクール交流会」の参加を募集します

 全国一の規模を誇る愛知県のユネスコスクールの支援とESD(持続可能な開発のための教育)活動の広がりをねらいとして、日頃ESD活動に取り組む小学校・中学校・高等学校、特別支援学校が集う交流会を開催します。

 この交流会には、「SKE48とのLOVEあいち・スペシャルコラボ(※)」として、SKE48のメンバーも参加します。

※愛知県をPRするため、SKE48のメンバーに無償で愛知県の行事に参加していただくもの。

1 日時

平成28年10月29日(土曜日)正午から午後3時まで (雨天決行)

2 場所

名古屋市公会堂・鶴舞公園 (名古屋市昭和区鶴舞1丁目1-3)

3 後援

ユネスコ国内委員会、ユネスコ・アジア文化センター、中部ESD拠点協議会、ESDコンソーシアム愛知

4 参加者

児童生徒、教職員、一般県民 約300名

5 日程

〇 12時00分  ポスターセッション 

〇 12時45分  開会行事  

〇 12時50分  基調講演

         「持続可能なコミュニティを作るためにユニクロができること~グローバルとローカルの取組を通じて~」

          (講師)(株)ユニクロ  CSR部ソーシャルイノベーションチームリーダー 

                    シェルバ 英子 氏             

〇 13時45分  分科会

・ 国内交流派遣校活動発表

         ・ ユネスコスクール活動発表

         ・ 情報交換

〇 14時45分  全体会 指導講評

         (指導講評)文部科学省国際統括官付ユネスコ振興推進係長

                岡本 彩 氏

〇 15時00分  閉会

 

※ 来場者と交流を促すワークショップを鶴舞公園にて並行して実施します。

6 発表校(順不同)

○ ポスターセッション

 ・ 江南市立宮田小学校   ・ 豊田市立土橋小学校

 ・ 岡崎市立形埜小学校   ・ 岡崎市立竜南中学校

 ・ 豊橋市立章南中学校       ・ 愛知県立刈谷高等学校

 ・ 名古屋市立山田高等学校     ・ 名古屋市立名古屋商業高等学校

 ・ 名古屋国際高等学校       ・ 中部大学第一高等学校

 ・ 愛知県立みあい特別支援学校  ・ 愛知教育大学附属特別支援学校

○ 国内交流派遣校活動発表

 ・ あま市立甚目寺小学校 (岐阜県養老町立広幡小学校と交流)

 ・ 岡崎市立新香山中学校 (宮城県気仙沼市立階上中学校と交流)

 ・ 名古屋大学教育学部附属中学校・高等学校 (奈良女子大附属中等教育学校と交流)

○ ユネスコスクール活動発表

 ・ 犬山市立東小学校      

 ・ 名古屋国際中学校   

 ・ 愛知県立千種高等学校

○ ワークショップ

 ・ 愛知県立愛知商業高等学校  ・ 名古屋市立名古屋商業高等学校

 ・ ESDコンソーシアム愛知    ・ もりの学舎(まなびや)

7 備考

入場料は不要です。分科会については、学校からの参加申込みを優先し、来場者数により入室制限をすることがあります。

8 問い合わせ先

〒460-8534 

名古屋市中区三の丸三丁目1番2号 西庁舎9階

愛知県教育委員会生涯学習課 青少年教育・女性指導者支援グループ

担当  清水・彦坂

電話  052-954-6749(ダイヤルイン)

電子メール syogaigakushu@pref.aichi.lg.jp




フラリエ【~11/9】2016オータムフェスティバル開催中!

フラリエではオータムフェスティバルを開催中!。

コスモスなど園内に咲く秋の草花や、カボチャやフォックスフェイスなどでかわいらしく飾られたハロウィーンガーデン、ランやキクの展示会などをお楽しみください。



【秋のガーデン・展示会】

コスモスの庭

1,000株のコスモスが秋を誘います。

9月17日(土)~10月10日(月・祝)

9:00~17:30 園内

ハロウィーン☆ガーデン

カボチャやフォックスフェイスなどで彩られた

「ハロウィーンフォトスポット」が人気です。

9月17日(土)~10月31日(月)

9:00~17:30 園内

新規花形ギク展

日本で初公開される新しい花形の菊を展示します。

10月17日(月)~10月30日(日)

9:00~17:30 クリスタルガーデン

協力:愛知県農業総合試験場 (一社)石田流華道会

秋のラン展 

ラン愛好家が丹精込めて育てた約200点のランを展示します。

花苗の販売や相談コーナーもあります。

10月25日(火)~10月30日(日)

9:30~17:00(最終日15時まで)クリスタルガーデン

協力:名古屋愛蘭会

ナゴヤファッションコンテスト2016

受賞・優秀作品展示

11月5日(土)~11月9日(水) 

9:00~17:00 クリスタルガーデン

協力:ナゴヤファッションプロモーション実行委員会

【ガーデンライブ】

プルメリア・フラガール

10月16(日)14:00~

クリスタルガーデン

出演:プルメリア・マイコ、プルメリア・フラガール

ポッカレモン消防音楽隊 リリーエンゼルス

10月22日(土)14:00~

フラリエコート 雨天中止

名古屋フォルクローレ音楽祭

11月3日(木・祝)10:00~17:00

クリスタルガーデン、フラリエコート

主催:名古屋フォルクローレ音楽祭 実行委員会

2周年記念オータムフェア 9月17日(土)~10月16日(日)


久屋大通庭園フラリエ

〒460-0011 名古屋市中区大須四丁目4番1号

TEL 052-243-0511 FAX 052-243-0512

指定管理者 公益財団法人 名古屋市みどりの協会